<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クロス・ジュエリー

e0057248_13324767.jpg

気に入ったアクセサリーに出会うと、しばらくの間そればかりを身に着けてしまいます。
着るものを選ぶときもそのアクセサリーが映える服装を選んだりして。
パリ・コレなどファッションの世界でも、このところ大きめなコスチューム・ジュエリーが目につきます。
e0057248_13364244.jpg

先日出会ったこのクロス・ジュエリー、
自信満々に店主曰く、
「名前は言えないけれどさる著名な人のもので、象牙を彫刻したものである」と。
古い友人でもあるこの店主、私はその言葉を信じて買ったのでした。
象牙or象牙擬い?真偽のほどは判らないけれど、自分の気に入ったものは自分にとっては真実なのだと思うのです。
と言う訳で暫くの間このクロスばかりを身につけると思います(笑)
[PR]
by dilln | 2008-09-26 13:53 | アンティーク

クリスピー・クリーム・ドーナッツ

e0057248_11335.jpg

【クリスピー・クリーム・ドーナッツ】ドーナッツ好きな夫が買ってきました。
行列のできるドーナッツ屋さん、そして待っているお客さんに出来立てのドーナッツをサービスしてくれるのですって。
彼も貰ってその場で食べたらしい(笑)
e0057248_192170.jpg

ディルも甘い香りに興奮気味!!
でも私は・・1回食べたらもう良いかな~~(笑)
[PR]
by dilln | 2008-09-22 01:12 | グルメ

イタリアン・フェア

e0057248_10395898.jpg

デパートの食料品売り場はいつも行くスーパーと違って楽しいけれど、もっと楽しいのは物産展。
最近コンスタントに英会話スクールに通っている私、とは言えなかなか上達は出来ていないのが現状なのだけれど、始めてから1年が過ぎています。
2レッスンずつ受講しているのですが、時々2時間続けてレッスンが取れない時があります。
そんなレッスンの空いた時間は近くのデパートへ、そう昨日はイタリアン・フェアをのぞいて来ました。
季節も少しずつ優しくなって、美味しいものをお料理したいし食べたいこの頃。
アンチョビやバルサミコ酢、ぺペロンチーノ、色々買ってきました。
会場には美味しい匂いのイタリアン・ディッシュ、本当は出来立てのイタリアン・ミールも色々買いたかったのだけれど、次のレッスンで匂ってしまうと恥ずかしいので諦めました(笑)。
実は以前焼き立てのパンを買って、レッスン・ルーム中匂わせた過去のあるviola、その時香りが気になってレッスンに集中できませんでした・・
焼きたてのパンは意外と香りたつので皆様ご注意を~!
[PR]
by dilln | 2008-09-18 10:38 | グルメ

アンティークのお話

e0057248_14131798.jpg

9月になったので玄関の窓辺のディスプレイを変えてみました。
狭い玄関ホールですが、アンティークの小物やかごをゴチャゴチャと置いても、意外と皆仲良くしてくれるのは大きな窓のおかげかもしれません。
イメージはヨーロッパのいなかのアンティークショップ~!
好きなものに囲まれて毎日を過ごせる事は何て幸せな事なのかしら・・
いつかこんなアンティークショップを開けたら、何て言う夢もまだ持っていたりする私。
e0057248_142048100.jpg

夜は椅子の上に置いたステンドグラスの後ろのライトを入れて楽しみます。
今回この玄関のディスプレイは新しく買ったものはひとつもありません。リビングやキッチンにあったものをアレンジして玄関に飾ってみました。
飾り方や飾る場所を変えるだけで色々楽しめるのも、アンティークの好きなところです。
e0057248_14311618.jpg

エントランスに置いたコカ・コーラの木箱は、アトリエでスプールディスプレイに使っていたもの。
こんなに古く汚くなっても捨てられない魅力がアンティークにはあるのです。
e0057248_14593213.jpg

そう・・この錆び始めたアイアンの椅子も。
座面や背面が取れてしまったけれど、花台としてしっかり現役だったりするのです~!
[PR]
by dilln | 2008-09-12 14:35 | アンティーク

コンフィチュール

e0057248_1623451.jpg

Confiture-コンフィチュール-とは、フランス語ではジャム。
そして『保存の芸術』という意味もあるらしい。

最近は所謂ジャムと並んでよく耳にするコンフィチュールですが、ジャムは果物と砂糖を煮込んで作るところ、南仏プロヴァンス地方で作られているコンフィチュールは砂糖を一切加えず、果肉をたっぷり使用して果物本来のもつ甘みを丁寧に煮詰めて作ります。本来ジャムは糖度を極端にあげて、保存食としての特徴を併せ持っていますが、加糖せずに作るコンフィチュールは、保存食としての糖度が充分ではない場合があります。そんな場合は白ぶどうやリンゴ、洋梨等を加えて煮込む事で糖度をあげているようです。
e0057248_16171480.jpg

先日友人に頂いた桃のコンフィチュール。
画像に収めていたら美味しい香りに誘われたディルの鼻がのぞいています(笑)。
e0057248_16202996.jpg

秋は大好きなフルーツの美味しい季節ですが、今日は真夏日!
アイスクリームとの相性もばっちりのコンフィチュールです。
[PR]
by dilln | 2008-09-06 16:20 | グルメ