<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

キルト作家 小関鈴子のトートバッグ&MARI TAKAHASHIのマチエールアート展

銀座三越 7Fイベントスペース
2008年8月5日(火)~8月11日(月)
3点新作バッグを展示販売させていただく予定です。
e0057248_1348256.jpg

3点の中のひとつがこのバッグ、本当は自分で使いたい位のお気に入りのバッグなのです。
お時間がありましたら、ご覧いただけるととても嬉しいです。
[PR]
by dilln | 2008-07-26 13:51 | パッチワークキルト

オレンジ

好きな食べ物は何かと聞かれたら・・私はフルーツと答えるかもしれません。
正直なところグルメではないし、あまり食べ物に興味はないかも・・
とは言え、毎日の大切なお食事は、せっかく頂くのだから美味しい物を頂きたいですよね。
それにしてもこのところの猛暑・・!!食欲は落ちてしまいます。
そんな時は私の大好きなフルーツ♪
こんなに頂いて嬉しいかぎりです。
e0057248_14572048.jpg

可愛いくてきれいな色のフルーツは見ているだけでも幸せ~~!
[PR]
by dilln | 2008-07-24 14:59 | グルメ

梅干し その後のその後

梅干しネタ続きます・・(笑)
梅雨明けまで待てずに天日干しをしてしまったお話の後日談。
天気予報は見事にはずれその後2日間、奇跡的に晴れたのです。
その結果がこの画像~~!!!
e0057248_10455766.jpg

我家の梅干し成功、自分でも自画自賛の美しさなのだ。
e0057248_1044312.jpg

天日干しをしていた時、お隣の奥様から色々とノウハウを教えていただいて、その上赤紫蘇漬けと紫蘇梅酢まで分けていただいて、こんなにきれいに出来上がりです。
例えば熟した梅を梅干しに漬けると漬けている途中で梅が崩れ易いとも聞き、まだ早いと思った我家の梅ですが、結果良かったこともアドバイス頂きました。
本当はもう少し熟成させてから頂くのでしょうが、待ちきれずにもう食べ始めています、自分で言うのも・・ですが、美味しいです!!
梅干し収穫から梅干し完成まで約1ヵ月、不安と期待いっぱいでしたがとても楽しかったなあと今は思っています。
是非来年も又トライしたいです。
[PR]
by dilln | 2008-07-19 10:44 | グルメ

梅干し その後

e0057248_1114080.jpg
塩漬けにしておいた梅干し、2階のベランダに干しています。
e0057248_112867.jpg

途中カビが浮かぶアクシデントが有ったけれど、焼酎をかけて乗り切り・・でもその後は不安で中の匂いをチェックする毎日・・
早く土用干しがしたいと思っていると、お隣の奥様がテラスに梅を干しています~!!
今朝の新聞の天気予報をチェックすると2日間はお天気の様子、私も早速土用干しをしました。

           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今、雷と一緒に土砂降りの雨。
梅雨明けまで待てなかった自分が馬鹿でした。
今ネットの天気予報で確認すると明日明後日と雨に予報が変っていました。
お天気の回復を待つか、梅酢に梅を戻すか・・・・これから考えましょう(涙)
成功するか我家の梅干し~!!
[PR]
by dilln | 2008-07-12 15:34 | グルメ

東欧

e0057248_11251513.jpg

東欧オーストリアからてチェコ スロバキアを旅行してきた友人から頂いた楽しいお話とポストカード。
東欧にはどこにもまだ行った事がないので、興味深いお話がいっぱいでした。
世界の多くの国々は民族的に宗教的に、そして政治的に侵略、支配、分離、独立を繰り返し、国家が成立していますが、この両者の国も同様に1993年にチェコスロバキアから、チェコ共和国とスロバキア共和国に分離して現代に至ります。

チェコ人とスロバキア人はどちらもスラブ系で、言語もほとんど同じでしたが歴史的には約1000年にわたって両者は別々に歩んできたのです。
その後スロバキアはハンガリー王国の一部に、一方チェコでは、ドイツからの移民が増えプラハを拠点にドイツに君臨し、つまり兄弟のような民族でありながら、チェコはドイツの一部として歴史を歩み、スロバキアはハンガリーの一部として長年歴史を重ねてきたのです。
ですからチェコ語とスロバキア語と言葉も違うと聞きました。

単一民族国家にいる私には少し理解しがたいお話でもあるけれど、歴史を重ねてきた国のもつ魅力にはとても惹かれます。
友人も又もう一度行きたいと話していました。
私もいつか行ってみたい国のひとつです。
[PR]
by dilln | 2008-07-08 12:19 | 旅行