カテゴリ:アンティーク( 19 )

クロス・ジュエリー

e0057248_13324767.jpg

気に入ったアクセサリーに出会うと、しばらくの間そればかりを身に着けてしまいます。
着るものを選ぶときもそのアクセサリーが映える服装を選んだりして。
パリ・コレなどファッションの世界でも、このところ大きめなコスチューム・ジュエリーが目につきます。
e0057248_13364244.jpg

先日出会ったこのクロス・ジュエリー、
自信満々に店主曰く、
「名前は言えないけれどさる著名な人のもので、象牙を彫刻したものである」と。
古い友人でもあるこの店主、私はその言葉を信じて買ったのでした。
象牙or象牙擬い?真偽のほどは判らないけれど、自分の気に入ったものは自分にとっては真実なのだと思うのです。
と言う訳で暫くの間このクロスばかりを身につけると思います(笑)
[PR]
by dilln | 2008-09-26 13:53 | アンティーク

アンティークのお話

e0057248_14131798.jpg

9月になったので玄関の窓辺のディスプレイを変えてみました。
狭い玄関ホールですが、アンティークの小物やかごをゴチャゴチャと置いても、意外と皆仲良くしてくれるのは大きな窓のおかげかもしれません。
イメージはヨーロッパのいなかのアンティークショップ~!
好きなものに囲まれて毎日を過ごせる事は何て幸せな事なのかしら・・
いつかこんなアンティークショップを開けたら、何て言う夢もまだ持っていたりする私。
e0057248_142048100.jpg

夜は椅子の上に置いたステンドグラスの後ろのライトを入れて楽しみます。
今回この玄関のディスプレイは新しく買ったものはひとつもありません。リビングやキッチンにあったものをアレンジして玄関に飾ってみました。
飾り方や飾る場所を変えるだけで色々楽しめるのも、アンティークの好きなところです。
e0057248_14311618.jpg

エントランスに置いたコカ・コーラの木箱は、アトリエでスプールディスプレイに使っていたもの。
こんなに古く汚くなっても捨てられない魅力がアンティークにはあるのです。
e0057248_14593213.jpg

そう・・この錆び始めたアイアンの椅子も。
座面や背面が取れてしまったけれど、花台としてしっかり現役だったりするのです~!
[PR]
by dilln | 2008-09-12 14:35 | アンティーク

アンティークの好きな訳

友人と五反田で開かれた骨董市に行ってきました。
e0057248_15561174.jpg

毎年何度か足を運ぶ骨董市、今年は1月から行ってしまったのでこれから何度行く事になるのでしょうか?
五反田での骨董市は第1回目、それほど期待もしていなかったけれど・・(?)思わぬ出会いが待っていました。
アンティ-クは出会った時に買っておかないと、2度目の出会いはかなり難しい・・そんな体験を繰り返し経験していると、買わずにはいられないのが困った事でもあるのです。
それにしてもなぜ私は古いものが好きなのかしら・・?と自分でも不思議に思うところです。
人によっては人が使っていたものなんてと思う人も多いでしょう。
私も人の使った不潔なものはもちろん嫌、なのに古いものにいつも惹かれてしまうのです。
そして自分の作品の参考にと、素材にと用意された良い訳(笑)がお財布の紐を緩めてしまうのかもしれませんね。

【ひまわり社のジュニアの日記】は私は初めて見たもの、昭和32年製、私の生まれる前のものなのに状態も良く尚且つとってもお洒落です。
日記なのですが中には少女の身だしなみのプレゼンテーションとイラストが沢山描かれています。
e0057248_1610855.jpg

【子供のための布の絵本】はスーちゃんの可愛い表紙にいきなりやられてしまいました。
店主の話によるとフランスのものとか、そう言えば確かにフランス語ですね。
私にとってはかなり高価でしたが、2度と出会えないだろうと清水の舞台から飛び降りました(笑)
クリーニング店で使われていたテープはお買い得でした。
e0057248_16325614.jpg

【プードルのピンクッション】はイタリア製、それほど古いものではないけれどデザインの可愛らしさに二頭連れて帰りました。
e0057248_1635289.jpg

ドームでは【ピンドット】と【PRIDE IN USA】で。
e0057248_16383154.jpg

【東京国際キルトフェスティバル】は1月26日まで開催されていますので、まだ行かれていない方は是非お出かけくださいね。
[PR]
by dilln | 2008-01-22 16:55 | アンティーク

アンティーク大好き

e0057248_0463918.jpg

ディルのお誕生日旅行と言いつつも、実は私の趣味優先の旅行だったりもするのです。
【ストーブハウス】はその名のとおりストーブ屋さんなのですが、アンティークも沢山置いているのでこちらへの旅行の時は必ず立ち寄ります。
数年前に行った時は俳優の滝田栄さんと遭遇、よく行く友人は役所康司さんを目撃したとかする芸能人の出没スポットでもあります。
【むーあん】はストーブハウスに置いてあったポストカードで、偶然見つけたアンティークショップ。
ポストカードに「ドイツから取り寄せた色とりどりのガラクタ雑貨が揃っています」と書かれているのを見たら、「これはもう行くしかないでしょう」と行ってびっくり沢山のガラクタに大興奮です(笑)
e0057248_1533491.jpg

e0057248_1535454.jpg


蓼科のストーブハウスで出会ってしまったスタンドと、初めて行った八ヶ岳のむーあんで出会ってしまったブレッドボックス。
スタンドはミントコンディションですが、ブレッドボックスはホーローが剥がれたところがあります。
でもパンに対する感謝の言葉が、ドイツ語で書かれたロゴがとっても素敵だったりするのです。
e0057248_251965.jpg

e0057248_255243.jpg

ブレッドボックスの中のファイヤーキングは原村のストーブハウスで。
ココットは初日にお食事をした【アトリエ・ド・フロマージュ】でなんと1点50円と言うお品~!
食器は家にも売るほどあるのですが50円・・それも底を見るとなんとメイド・イン・フランス・・買わないではいられないでしょう?(笑)
それにしてもなぜに50円・・わけありか?・・(笑)
e0057248_263545.jpg

ところでディルさん・・
今回の旅行中あまり歩こうとしなかったので、心配してしまい前記のようなちょっとセンチメンタルな事を記述してしまいましたが、今はいたって元気、飼い主ともども食欲の秋です(笑)
e0057248_241388.jpg

[PR]
by dilln | 2007-10-13 01:48 | アンティーク

鎌倉

鎌倉のアンティークショップを巡ってきました。
e0057248_15543169.jpg

江ノ電でのんびり由比ガ浜まで。
途中下車した由比ガ浜は今でも無人駅、無人改札に置かれた箱に切符を入れて降ります。
何度も来ていると言う友人に案内されて、鎌倉駅までのアンティークショップ巡りを楽しみました。

戦利品はパリの風景画がデザインされている刺繍のバッグ、フランスものには弱い私・・ついついお財布の紐も緩みます。
e0057248_15154320.jpg

後ろも素敵な風景。
持ち手は革、止め金具は真鍮ですが、それほど古いものではなくコンデションもかなり良い状態です。
50’S~60’Sのバッグと言うお話でしたが、普段使いにがんがん持ちたいと思います。
e0057248_15212726.jpg

チャームブレスレットは重さのある男っぽいタイプ。
e0057248_15202680.jpg

白蝶貝にバラの花がレリーフされたネックレス。
私はシェルがラッキーアイテムなのでこの手のものにはつい手が伸びてしまい勝ち。
ちなみに誕生石は真珠・・とことん貝とは縁があるようです(笑)
e0057248_1553220.jpg

アンティークは普通は100年以上前の物を言うのですが、私はいわゆるコンテンポラリーアンティーク、コレクティブルズなどと言われるミッドセンチュリーのものが好き。
ヴィクトリアン以前のものは状態の良いものは手が出ませんし、今の私には似合わないのです。
飾っておくのではなく普段に使うには、100年の時代を経たものはコンデションやお手入れにも注意が必要ですし、私のように大雑把な人には、多少乱暴に持ち歩いても壊れない少しモダンなものが安心なのかもしれません。
持ち歩く時、身に着けている時、ぶつけてしまわないか壊してしまわないかと、気を使うのも面倒と言うのも正直な所でもあるのですが・・(笑)
アクセサリーもバッグも、普通に今のファッションに合わせやすいのも私にとってはミッドセンチュリーのもののようです。
でもいつかはヴィクトリアンの時代の、ジェットやチョーカーが似会う女性になる憧れももちろんあるのです。
そう思うと年を重ねる事も楽しみになると思いませんか?
[PR]
by dilln | 2007-07-14 15:54 | アンティーク

カウンターチェア

気持ちのいいお天気に誘われて鎌倉へドライブしてきました。
ずっと【7HILLS】が気になっていて夫に連れて行ってもらいました。
何か目的の買い物があるわけではないのですが、この手のショップはとりあえず行っておきたいviolaです(笑)
usedの家具類に混じってリプロダクションの家具もあり、部屋が広かったら欲しいものがいっぱい。
そんな中でリビングに置けそうな椅子を発見、場所をとらないカウンターチェアです。
このデザインの椅子は座面が木製のものがオリジナルで、以前から欲しいと思っていたものでしたが、なかなか出会うことが出来ずにいました。
背もたれが付いているのと回転するところが使いやすくていいですね。
e0057248_15271056.jpg

「これ以上家具が増えるのは・・」と言っていた夫ですが、家に帰るといつものダイニングチェアとは違う雰囲気が気に入ったようで、嬉しそうに座っています。
ひとりでランチの時やちょっとお茶でもという時、キッチンカウンターに置いたのですぐに食べたものが片付けられる手軽さも、私には嬉しいチェアです。
家のリビングがカフェでお茶してるみたいで楽しくなりました。
e0057248_1550268.jpg

[PR]
by dilln | 2007-04-15 15:50 | アンティーク

MARCH OF DIMES

e0057248_11195799.jpg

昨年末にアンティークショップで買ったネックレス。
【MARCH OF DIMES】と言うロゴが気に入って買ったのですが意味を調べてみると。
MARCH OF DIMES=10セントの行進は、アメリカで赤十字に次ぐ額の募金を集めた、ポリオの治療と予防のために10セント(10分の1ドル)を送ろうという、大規模な募金運動の財団の名前だと言う事が判りました。

意味を知ってしまうと素敵なアクセサリーと言うだけではないネックレス・・
でも知らずにいるよりは知った方が良かったとも思う・・

アンティークが好きで色々な出会いに遭遇すると、過去の知らない人に想いを馳せたりします。
このネックレスもそのひとつ、誰がどんな思いでこれを作ったのかそして身に着けたのかと。
私がアンティークを好きなのはアンティークだから好きなのではなくて、たまたま好きで手にしたものが古いものだったということ・・
そしてコレクターではないので同じようなものを沢山蒐集して並べるわけではないし、そのアンティークの制作年代に詳しいわけでもありません。
興味があることは少し調べる程度、極めようと思う事もありません。
日常で普通に使ったり身に着けたりするのが心地よいのです。
友人の中には見ず知らずの人が使ったものなんて・・と嫌がる人もいたりもします。

そしてこの頃思うのはアンティーク、ビンテージを使うのは【3R】なのでは無いかという事。
Reuse=再使用ですよね。
そこで又今更ながら思うのはパッチワークキルトもまさに【3R】だと言う事。
最近の私の作品はすべてとは言いませんが、ほぼアンティーク、ビンテージの布しか使っていなかったりもします。
(決して新しい布を否定している訳ではありません・・)
ちょっと自分の中で気持ちがエキサイトしているので今日はこの辺で・・(汗)
好きな事のお話はついつい熱くなってしまいますね。

ポリオを患ったフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領は、他の人がそれにかからないようにすることに熱い情熱を注いだというのも有名な話です。
[PR]
by dilln | 2007-02-14 11:52 | アンティーク

コリンズバッグ

e0057248_1453042.jpg

socksで見つけたコリンズバッグです。
1959年~1970年 アメリカのテキサス州で、バッグデザイナー Enid Collins によって作られたバッグです。
デザインの多くは、動物や植物などの自然をモチーフにしていますが、乗り物やLOVEの文字をモチーフにしたものもよく見かけます。
私のバッグは木製のボックス型ですがですが麻布地と皮のトートバッグもあります。
e0057248_14154353.jpg

中にはミラーがついています。
e0057248_14162951.jpg

socksに行ったらビンテージの布でしょう(笑)なぜかブルー系ばかり」・・
e0057248_141958.jpg

一緒に行った友人と美味しいランチも頂きました♪
ランチの後カフェでおしゃべりしていたらあっという間に6時を過ぎて・・・女性は時々無性に話したい時があるのです~!
[PR]
by dilln | 2007-02-03 14:23 | アンティーク

横浜に行く目的は?

e0057248_13421934.jpg

横浜八景島にある知人のイタリア人シェフのレストランへ行ってきました。
夫のお誕生日においしいものを頂くのが目的だったのだけど、実は私にはもうひとつのお目当てが・・・恒例の横浜みなと骨董市。
買ったのはボタンシートとピンクッション。
ピンクッションは半額にしてくれた上にシンブル3つもおまけです。
このシンブルたちはセールスプロモーション用のもの、いわゆる販売促進品。
アメリカでは映画のプロモーションや政治家の宣伝広告として配っているのですって。
そういう知らなかったお話を聞くのもアンティーク市での楽しみでもあるのです。
e0057248_1543306.jpg

去年フランスで買ったフレームに入れてみたら・・サイズぴったり、ちょっと素敵でしょう~?
[PR]
by dilln | 2006-12-03 13:41 | アンティーク

Socks*ciao!

e0057248_11364234.jpg

吉祥寺にある【Socks*ciao!】大好きなショップです。
私の好きな50’s~60’s(もう少し新しい年代の物も・・)ビンテージの布や可愛い雑貨が揃っています。
吉祥寺は家から電車を3本乗り換えなくてはならないのでちょっと不便なのですが、それでも行くのはやっぱり魅力的な布・・
e0057248_11465618.jpg

ショップで見つけた時絶対連れて帰りたいとドキドキしたブローチ・・
e0057248_1272823.jpg

今回のお買い物はこんな感じ・・そしてここでのお買い物で嬉しいのは丁寧なラッピングです。
お客様への感謝の気持ちがいつも嬉しいSocksなのです。
e0057248_1291268.jpg

[PR]
by dilln | 2006-10-28 12:10 | アンティーク