カテゴリ:パッチワークキルト( 54 )

JAPANTEX 2008

e0057248_1722678.jpg

最近、布を買うのはキルト展などのイベントです。
以前はヴィンテージクロスのショップにもよく行きましたが、この頃は忙しいからか、意欲が失せたのか・・それは多分両方かも知れないし、もうひとつは家に一生かかっても使いきれないほどの布貯金があると言うこと(笑)なのだと思います。
先日あるキルト作家の先生が
「最近、布を買わなくなってしまったけれど、作品を作るには新しい布は買わなくてはだめね。」とおっしゃっていました。
先週行ってきた【JAPANTEX 2008】楽しかったです。
高木先生のワークショップでミシンワークのバッグまで作ってきました。
そして【ピースワーク】で久しぶりに買ったヴィンテージクロス、かわいい布たち。
e0057248_17374974.jpg

そしてこちらは多分インテリアファブリックの在庫品、これは4mで500円、重たかったけれど買ってきました。
上に置いた大き目のハンカチ位のヴィンテージクロスは1400円。
価値観の違いって面白いですね。
[PR]
by dilln | 2008-11-25 17:54 | パッチワークキルト

カレンダー

e0057248_1054425.jpg

来年のカレンダーが届きました。
パッチワーク通信12月号のキルトカレンダー、6月に蛇の目傘のミニキルトを掲載していただいています。

10月も後もう数日・・
来年の予定も色々入ってきて、新しい手帳もそろそろ用意しなくてはと追いかけられる毎日です。
[PR]
by dilln | 2008-10-28 10:16 | パッチワークキルト

市民文化祭

e0057248_10234992.jpg

秋は様々な展示会のシーズンです。
私も私の住む市民文化祭で、お教室の生徒さんと私の作品を出展させて頂いています。
会場のスペース上、残念ながら今年は大きなキルトは展示できなかったのですが、沢山の方に見ていただけるのはとても嬉しいことと思っています。
[PR]
by dilln | 2008-10-25 10:32 | パッチワークキルト

サンボンネット・スー

e0057248_0421766.jpg

サンボンネット・スーのポーチを2点【日本ヴォーグ社】の新刊に掲載していただいています。
とても可愛いスーちゃんのクラフトのアップリケの本、ご覧いただけたら嬉しいです。
e0057248_0452580.jpg

[PR]
by dilln | 2008-08-18 00:47 | パッチワークキルト

キルト作家 小関鈴子のトートバッグ&MARI TAKAHASHIのマチエールアート展

銀座三越 7Fイベントスペース
2008年8月5日(火)~8月11日(月)
3点新作バッグを展示販売させていただく予定です。
e0057248_1348256.jpg

3点の中のひとつがこのバッグ、本当は自分で使いたい位のお気に入りのバッグなのです。
お時間がありましたら、ご覧いただけるととても嬉しいです。
[PR]
by dilln | 2008-07-26 13:51 | パッチワークキルト

「'08ピンクに恋して」

e0057248_1054521.jpg

【アトリエ・キルト】高木良子先生のとっても素敵なキルト展でした。
今年の先生の作品ももちろん素敵!!
「欲しい~~」と心の中で叫んでいました(笑)
13日まで文化クイントサロンで開催されています。
このblogからリンクさせて頂いている【明天会更好】は高木先生のblogです。
e0057248_114170.jpg

会場で同時開催中の「フランス・モード」展のチケットを先生から頂き、同じビル内にある文化学院服飾博物館で至福のひと時を過ごしてきました。
[PR]
by dilln | 2008-06-12 11:13 | パッチワークキルト

ケイト・グリーナウェイ

e0057248_2029118.jpg

【ケイト・グリーナウェイ】をご存知ですか?
パッチワークがお好きな方なら彼女の名前を聞いたり、彼女の絵画を見たりしたことがあるかもしれません。
ケイト・グリーナウェイーKate Greenawayー(1846年3月17日-1901年11月6日)はイギリスの女流挿絵画家、絵本作家。
彼女はラファエル前派の画家とも言われる事があるようです。
19世紀において、子供を『子供』として絵描いた数少ない画家の一人で、グリーナウェイの絵は、当時の子供服のデザインに影響を与えてたようです。
サンボンネット・スーを初めて描いたのがケイト・グリーナウェイとも言われています。
又、ケイト・グリーナウェイ賞は彼女にちなんで1956年に英国図書館協会によって設立され、1年間にイギリスで出版された絵本のうち、特に優れたものの画家に対して贈られる賞です。
e0057248_20524239.jpg

この絵本はアンティークショップで偶然出会ったのですが、手にとって見せていただくと大切な宝物に出会ったような気持ちにさせられました。
もともとアンティークにはとても憧れがあり、繊細で丁寧に描かれた彼女の絵に高揚する気持ちを感じずにはいられませんでした。
130年前の石版印刷である事、当時の色が状態良く保たれている事、初版本である事などの説明を聞いていると、是非家に連れて帰りたいと思わずにはいられないのでした。
イングリッシュのお歌の本なので、時間が出来たら少しずつ日本語に訳してみたいと思っています。
[PR]
by dilln | 2008-05-16 20:55 | パッチワークキルト

ART DECO

e0057248_0132862.jpg

【和で遊ぶ布の祭典 vol.5】のキルトはハンドキルティングで仕上げました。
家にいられる日は一日中キルトスタンドの前に座っていた私・・
でも実際、ハンドキルトにするかミシンキルトにするかは正直なところぎりぎりまで迷いましたが、今はハンドキルトにして良かったと思っています。
とは言え、デッドラインの昨日は会場への搬送時間直前までキルトを入れていました。
もっと時間があったらと思うのも正直な気持ちです。

【グランドプリンスホテル赤坂】で4月29日から5月4日まで開催されます。
私も29日1日2日は会場にいますので、見かけたら声をかけてくださいね。
[PR]
by dilln | 2008-04-27 00:27 | パッチワークキルト

ヴィンテージ・リボン

e0057248_1552283.jpg

いつの間にか集まっているヴィンテージ・リボン。
いっぱい使って可愛い小物を2点作っています。
この手のリボンには目が無いの・・見つけたら買わずにはいられないかも・・
そして実はお商売できるほど持ってます(笑)
「だって作品に使うのだもの~~」って言い訳が私にはあるから!(笑)
どんな風に仕上がるか楽しみです・・なんてホントは締め切りに追われてます~!
[PR]
by dilln | 2008-02-29 16:00 | パッチワークキルト

パッチワーク通信 4月号

e0057248_13483935.jpg

パッチワーク通信 4月号に【AME AME JANOME】のミニキルトを掲載していただいています。
去年制作した作品と同じ蛇の目傘のデザインを使った作品、と言う出版社からの依頼でした。
配色とボーダーデザインを変える事によって、イメージの違うキルトを制作したつもりなのですがいかがでしょうか?
ミニキルトは飾って楽しむ事が出来るのも良いですね・・と言う事で早速私も廊下に飾ってみました。
この画像の奥のサンルームでディルがお日様と気持ち良さそうなのが判りますか?
ここ数日、私の住むところはとても穏やかで暖か、私もディルと一緒にお昼寝したくなってしまいそうです(笑)
e0057248_1420664.jpg

[PR]
by dilln | 2008-02-21 14:07 | パッチワークキルト