コンフィチュール

e0057248_1623451.jpg

Confiture-コンフィチュール-とは、フランス語ではジャム。
そして『保存の芸術』という意味もあるらしい。

最近は所謂ジャムと並んでよく耳にするコンフィチュールですが、ジャムは果物と砂糖を煮込んで作るところ、南仏プロヴァンス地方で作られているコンフィチュールは砂糖を一切加えず、果肉をたっぷり使用して果物本来のもつ甘みを丁寧に煮詰めて作ります。本来ジャムは糖度を極端にあげて、保存食としての特徴を併せ持っていますが、加糖せずに作るコンフィチュールは、保存食としての糖度が充分ではない場合があります。そんな場合は白ぶどうやリンゴ、洋梨等を加えて煮込む事で糖度をあげているようです。
e0057248_16171480.jpg

先日友人に頂いた桃のコンフィチュール。
画像に収めていたら美味しい香りに誘われたディルの鼻がのぞいています(笑)。
e0057248_16202996.jpg

秋は大好きなフルーツの美味しい季節ですが、今日は真夏日!
アイスクリームとの相性もばっちりのコンフィチュールです。
[PR]
by dilln | 2008-09-06 16:20 | グルメ


<< アンティークのお話 和で遊ぶ布の祭典  キルトで綴... >>