もし、世界が100人の村だったら

【もし、世界が100人の村だったら】
『朝日新聞』2001年10月27日の「天声人語」に紹介され、その後様々なシーンで紹介されていたのでご存知の方も多いかと思います。
何故今頃?と思いますが、先日この動画で見る100人の村をとあるサイトで見て、改めて心に深く感じるものがありました。
イメージを喚起する動画と数字の力は私の心の奥深いところを強く打ちました。
私自身、今は自分の好きな事を好きなようにしていて、それを当然の事と思い生活しています。
今の自分の現実とこの100人の村の現実をどう捉えたらいいのでしょうか。

あなたは何を思いましたか?

自分の恵まれた環境に安堵し「ああ、良かった」と思いましたか?

自分の恵まれた環境に安堵し小さな事に悩まずがんばろうと思いましたか?

自分の恵まれた環境に安堵し家族や友人に伝えたいと思いましたか?

自分の恵まれた環境に安堵し不幸な恵まれない人に募金をしようと思いましたか?

恵まれている自分を立ち止まって反省してみる必要があるかもしれません。

私はこの動画を見て涙が止まりませんでした。

でも正直に考えてみましょう。

私は、いったいどこに感動して涙を流したのか?

そして何とも言えない安心の感覚と癒やしに似た感覚を覚え自分自身に、若干の嫌悪感と疑問を問わずにはいられないとも記しておきたいのです。

Pass this on, and brighten someone's day.
[PR]
by dilln | 2008-02-23 01:39 | その他


<< ヴィンテージ・リボン パッチワーク通信 4月号 >>