いまさら脳内メーカー?

少し前にブームになった脳内メーカー。
私の脳内も色々な人に見られていたんだろうなあ~?

なんて思いながら・・私のホントのところの脳内環境は70%が英会話のことだったりするかもです。
以前blogにも書いたけれど、6月から始めた英会話レッスン。
時間が出来たこの頃、空いた時間はほぼ毎日レッスンに通うという熱心な生徒と化しています。
何と言ってもイギリス旅行で受けた打撃は大きくて、これは本気でリスニングをやらなくては駄目だと痛感した私。
でもこの頃思うのは、会話が聞き取れないのは私の耳が悪いだけではなくて(もちろんそれが1番の原因ですが)、ネイティブスピーカーの発音にもよるのでは・・?と言う疑惑・・(笑)も生まれたりもしているのだけれど・・
だって英会話レッスンの時アメリカ人の先生に
「イギリスに行った時、ブリティッシュイングリッシュが全く聞き取れなかった」
と言う話をしたら
「ここだけの話、僕も時々イギリス人講師の会話が聞き取れないときがあるよ」
と話してくれました。
英会話教室の日本人スタッフも
「以前いたイギリス人講師は全く(確かに全くと言ったのを私は聞き逃さない・・笑)聞き取れなくて、彼に話しかけられないように逃げていました」
と言っていました。
でも待って・・スタッフが聞き取れないような講師にレッスンを受ける生徒はどうなの・・?
まあ今はその講師はもういないようなのですが・・(笑)

日本語にも訛りがあるように英語圏でもお国によって、また同じお国でも地域によってそれはそれは違うのだなあと感じるこの頃なのです。
なので実際、レッスン中も解り易い発音の先生もいれば、レッスンの半分以上も何を言っているのか解らない先生もいます。
聞き取れないと言う事は、何を質問したらいいのかも解らないと言うこと・・それはかなりの重症の消化不良を起こしていると言う事でもあり、実際その日の私はかなり落ち込んだりもしています。
でも始めたばかりの頃は、レッスン中にジョークを言ったり言われたりするなんてことは考えられない事だったのに、今はレッスン中に大笑いをしている私もいたりもするのですから。

英会話の上達と言うのは目に見えるものではないので、自分がレベルアップできているのかと言うのも常に不安に思うところです。
でもランクゾーンの低いレッスンを受けていた後半にはそのランクのレッスンが物足りないときがあり、その話をスタッフにしたところ、
「そう感じる事がまさにレベルアップしていると言うことなのですよ」
と励まされ、そうかもしれないと思うのでした。

先日映画【パーフェクト・ストレンジャー】を観てきたのですが、さすがハリウッド・スターとセリフのきれいな事に妙に感心してしまい、また字幕を追う事よりもセリフに集中した自分にも妙に感心して帰ってきました。
当たり前の事ですが発声と滑舌の良い、アクターのセリフは耳に入ってくるのです。
英会話のレッスンの為だけに映画を観ようとは思わないけれど、上達の為のアイテムの1つかもしれませんね。
今まで字幕スーパーの時は目だけで観ていた映画ですが、今回は目と耳で楽しむ事が出来たような気がしました・・かな・・?(笑)
[PR]
by dilln | 2007-10-20 00:09 | その他


<< マロングラッセ ジャズ >>