自由学園

沢田淳子先生のキルト展に行ってきました。
【自由学園明日館】にて3月1日より5日まで開催しています。
e0057248_03373.jpg

今日から3月だというのに東京はあいにくの冷たい雨・・・にもかかわらず会場には沢山のお客様です。
ひとりひとりご挨拶される先生を何とか画像に収めることが出来ました。
作品を前にされた笑顔の先生はひときわ美しかったです。
e0057248_2394682.jpg

会場には先生のファーストキルトから最新作までが並びます。
キルトを心から愛しキルトを作ることが好きとおっしゃる先生。
ミニキルトや楽しいカード、バッグなど素敵なクラフトも見ごたえがありました。
先生はこの自由学園の建物が気に入り是非ここで個展を開きたいと思われたと聞きました。
1921年アメリカの建築家【フランク・ロイド・ライト】の設計による建物は現在国の重要文化財に指定されています。
時代はまさにアールデコ、幾何学的な建具の装飾の美しさに私も捕まってしまいました。
e0057248_2331876.jpg

プレーリーハウスと呼ばれる意匠を象徴している外観。
e0057248_23341281.jpg

典型的なライトの作風の室内。
天井の高い美しいホールで美味しいコーヒーが戴けます。

その後【LUNCO】さんに寄り昭和初期のチューリップのデザインの帯を買いました。
着物の帯にチューリップ・・・
昔の日本人のデザインは斬新だったり大胆だったりそういうところが好きなところです。
むかし着物を着たいと思うこの頃、少しずつレトロな着物を集めているのです。
e0057248_2346549.jpg


最後に日本ヴォーグ社のミシンキルト祭りへ。
こちらも沢山の人で大盛況でした。
友人4人で行ったのですが口をそろえて皆が言うのは有意義な1日だったわねと。
実はとっても美味しいフレンチレストランにも行きました。


e0057248_0305832.jpg

[PR]
by dilln | 2006-03-02 00:01 | パッチワークキルト


<< 着物 くつろぐという事 >>